2010年03月03日

アレルギーの子供のひな祭り弁当

アレルギーの子供のひな祭り弁当。
アレルギーの子供のひな祭り弁当と三色ようかん

アレルギーの子供のひな祭り弁当の中身は・・・

まずは、寿司飯を弁当箱にえびふんわり詰めて、もみのりをパラパラ。

具は、ひな祭りなので、奮発してえび。
前夜に小さめのむきえびを茹でておいて、朝少し塩で炒めました。

卵アレルギーなので黄色の色味に茹でカボチャ。
花形にんじんと色がかぶってますあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと甘いのが入ると味に変化がついて良いのですが、
見た目ではにんじんの数を増やすのと変わらないかも。

菜の花の茹でたのは、以前食べさせたときに「ニガイ」とちょっと苦手そうなので
真ん中に二つだけ入れました(1つ残してました)

周りの緑は、大好きなほうれん草。
柔らかめに茹でて、少ししょうゆで味付け。

酢飯が結構詰まってるので、最後まで飽きずに食べられるように、
息子の好きなベーコンをのせてみたんだけど、
やっぱりご飯は少し残してました。

ひらめき反省
・にんじんとカボチャの色は似てるから、時間なければどっちか一つでもよい。
・余裕があれば、ご飯を2層にして、層の間に好物を入れてみる。

朝からちらし寿司お代わりしてたので、
お昼にお腹がすかなかっただけかもしれませんが。。。


おやつは菱形に切った三色ようかん。
これは、成城のあんやさんで買い求めたもの。

今日は、お弁当にスプーンを、おやつにフォークを添えました。

写真左上に、サイズが分かるように1円玉を入れてみました。
意外と大きいです。

お弁当箱は、Maduで一目ぼれして買ったもの。

キャラクター物はイヤダ!と思って、息子が1歳のときに買ったのですが、
特に子供用ではなかったので、小食な女性なら使えそうなサイズです。

家ではこれで3回くらいおかわりしちゃうので、保育園でも足りないんじゃないかと心配していますが、
今のところは大丈夫みたいです。

おやつの容器は、息子の大好きなトーマスの絵柄入り。
注意してないと、どんどんキャラクター物だらけになっちゃうので、
自分の趣味でかわいいお弁当箱を買っておいてよかったるんるん

もうちょっと大きくなったら、これはいやだとか言われそうだから
今のうちにせっせと使っておこう。

+++今日の感動+++

初めて、家のトイレでうん○ができた!
補助便座もまだ買ってないのに、おしっこは座ってもまだ出ないのに、
うん○がしたそうなタイミングで座られたら、見事なモンキーバナナ形が出ました。


+++++++++++


posted by アレルギーの子供のママ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギーお弁当 写真 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。