2010年04月04日

食物アレルギーの子供といっしょの外食。取り分け編

食物アレルギーの子供と一緒の外食は、いろいろとハードルがあります。

ショッピングモールでお買い物途中のランチ。
キッズメニューは、大体、ハンバーグ、スパゲッティ、卵焼き、エビフライ、など、
卵、小麦が使われています。

息子は、卵アレルギーと小麦アレルギーなので、
そうなると、半分以上おかずを取り上げなきゃならない。

色々探して、お豆腐料理のお店にしました。
息子は、大豆は食べられるので。

こちらは、寄せ豆腐のセット。
食物アレルギー
温かいお豆腐と、おから、きんぴら、山菜、サラダ。雑穀ご飯とお味噌汁はお代わり自由。

食物アレルギー
こちらは、夫がオーダーした、豆腐の田楽や生湯葉、ソイミートのから揚げのセット。

この中から、子供用の取り分け皿に、
雑穀ご飯と豆腐の田楽、湯葉、きんぴら等を取ってあげて、
いっしょに「いただきまーす」

ほとんど汚さず、自分で食べられるようになって、
子供との外食もかなり楽になりました。保育園で覚えた「いただきます」

お家でもいただきます、を言っていたけれど、
保育園で覚えた言い方は、

「お手手を ぱちんと合わせて ごいっしょに いただきます」

「お手手を ぱちんと合わせて ごいっしょに ごちそうさまでした」

お弁当の時間に、先生や友達と一緒に食べる様子が目に浮かぶようで楽しいですね。

家でも同じようにみんなで手を合わせて
いただきます、とごちそうさま、を言っています。


ラベル:外食
posted by アレルギーの子供のママ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギーの子供日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。