2010年08月07日

天草から寒天を作る

「毎日寒天食べてる!」とみんなに話してたら、天草をたくさん頂きました。

少し時間が経ったものだったので、水にさらして、日光に当てて・・・というのを1週間ほど繰り返して漂白。
あとは、ぐつぐつ煮るだけ。

いろんなレシピがあるけれど、天草40g、水3リットル、酢大さじ2で50分煮てみました。
20100802 074.jpg

酢を入れると、とたんに天草が溶け始めて不思議!
20100802 081.jpg

ふきんで漉して、室温で冷やせば、磯の香りのするおいしい寒天のできあがり!

磯の香りがぷんぷんするので、ところてんにして、酢醤油で食べるとおいしい!

ふきんにはまだとけ残った天草がたくさんあるので、水を半分にして、もう一度煮ます。
すると今度は、ふるふるとゆるーい私好みの寒天が。
こちらは、ゆるめの黒蜜といっしょにデザートに。

まだまだたくさん天草があるので、いろんな配合を試してみます!

主人は、「もう寒天はいいや・・・」と食べてくれなくなりましたが、
息子は「かんてん!カンテン!」と飽きもせず付き合ってくれるので、
2人で毎日食べてまーす。


posted by アレルギーの子供のママ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギー おやつ レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。